愛猫トトとチーと父さんの生活

子供も成長し、父さんの相手をしてくれるのが我が家の愛猫トトとチー。3人の生活を日記にまとめていきます

猫砂は何を選べばよいか?猫のとトイレの悩みを解決!

スポンサドーリンク

こんにちは、トトとチーの父さんです。

 

みなさん、猫砂は何を利用していますか?

猫のトイレの躾は簡単といわれていますが、やはりそこは動物。

飼い主と猫様の思いのすれ違いはどうしても発生してしまいますよね。

飼い主の皆さんも悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

実は我が家でも実は猫のトイレには苦労してきました。

今回はそんな我が家のトイレ事情をお話しできればと思います。

 

 

猫の習性は?

 一般的に猫のトイレの躾は簡単といわれています。

もともと猫は砂の上でしか排泄をしない習性のため、トイレの場所を特別に躾ける必要はありません。猫は排泄物に砂をかけて、臭いを消して、敵に居場所を知られないようにしていました。

また、その猫自身の”におい”のついたトイレ砂をと猫砂に混ぜていれば、猫は自分の排泄臭がする場所をトイレと認識して、そのトイレで排泄するようになります。

つまり、一度自分の排泄臭のついた場所をトイレと認識してくれるんです。

 

ただ、この習性のおかげで苦労されている飼い主さんは苦労するんですよね・・・。

猫はきれい好きで、神経質な動物です。

トイレが汚れていたり、気に入らないトイレでは排泄をしてくれなくなります。

一度粗相をすると、そこに自分の排泄臭が残ってしまい、再度繰り返すという悪循環を繰り返します(猫のおしっこって、ほんとに臭いですよね)。

 

ですので、猫が落ち着ける場所に、その猫に合ったトイレを用意してあげましょう。

もちろん、常に清潔にしてあげることが重要になります。

💩を見つけたらすぐに取り除いてあげましょう!!

 

トイレの設置場所と数は?

 トイレの設置場所は、猫が長く生活する場所がお勧めです。

猫はトイレの場所が離れていると排泄を我慢することがあります。

「トイレに行きたい」と思ったときにすぐ行けるように、1個はリビングなど猫が一番長く過ごす場所に置くのが良いと思います。

また、猫は神経質な動物なので、不快な場所だとトイレをしてくれないことがよくあります。

人の出入りでバタバタしない場所、大きな音がしない静かな場所、そして目の届きやすい場所(排泄に気付きにくく片付けが遅れてしまうので)に設置してあげましょう。

 

トイレの数ですが、一般的には「猫の匹数+1個」が理想と言われています。

我が家もトトとチーの2匹と生活していますので、3個設置しています

トイレ容器は、大きく深いものに、その子の好みの砂をたっぷり入れてあげましょう。

好みの砂を選択することがまた難しいですがね・・・。

 

cat-cat-48.hatenablog.com

 

 どんな猫砂があるの?

さて、悩ましいのが猫砂です。

あまり神経質ではない猫であれば、なんでも気持ちよく使ってくれると思うのですが、神経質な猫の場合、好みがかなり排泄の状況に影響するよう思います。

 

我が家のチーも相当な「通」で、猫砂には相当のこだわりがあるようです。

気に入らない猫砂を用意すると、なかなかトイレをしてくれません(泣)。

このおかげで何枚の布団とマットを廃棄してきたことか・・・、猫を飼っている皆さんは経験があるのではないでしょうか。

 

猫砂には主に以下のものがあります。

【紙】

紙なので軽く、持ち運びしやすいというメリットがあります。トイレに流せるタイプが多く、処理がラクです。
猫が動くたびに、周囲に紙ホコリが舞うことがあります。

我が家でも使ってみましたが、トイレ後の猫の砂かきでトイレ周辺の掃除が大変なため使用を断念しました。

 

【おから】

軽いので持ち運びしやすく、トイレに流せるタイプも多くあります。
トイレの砂を食べたがる猫には、オカラなら食べても心配ありません。
猫が砂かきすると、砂が周囲に飛び散ることがあります。

我が家でも使ってみましたが、紙同様、砂かき後の掃除が大変で断念しました。

(もしかしたら臭いがダメな飼い主さんもいるかもしれません)

 

【木】

他の素材に比べ、猫砂自体のにおいがあまり気にならないです。

燃えるゴミとして捨てるのが一般的ですが、中にはトイレに流せるタイプのものもあり、廃棄の仕方も選べることがいいかと思います。

消臭効果が高く、重量も比較的軽いし、そこそこ固まってくれるので、我が家でも使っています。もちろん、トトもチーも違和感なく使ってくれています。

 

【鉱物】

鉱物性の猫砂は、まさに砂のような触感で、猫も違和感なく使うことができます。吸水力抜群です。
細かいタイプのものは散らばりやすいのが欠点かと思いますが、できるだけ粉が舞いにくいものを選べば猫も飼い主も喜ぶ猫砂かと思います。

トトもチーもこちらのタイプが一番お気に入りのようで、我が家でも使っています。
ただ、本当に重いです!!買って帰るのも大変ですし、ごみ捨てに行くのも結構重くて大変です(笑)

 

【シリカゲル】

脱臭剤として使用されているシリカゲルを使った猫砂は、消臭効果が非常に高いといわれています。夏場などのにおいの気になる時期に、抜群の消臭力で使いやすいのではないでしょうか(ごめんなさい、我が家ではまだ使ったことがないです)。

 

我が家のお勧めの猫砂は?

我が家での出の猫砂選びの基準は以下を重要視しています。

  1. トトとチーが安心してトイレができる猫砂
  2. トイレ周辺にあまり飛び散らない
  3. 消臭力

ほぼ、基準は「1.トトとチーが安心してトイレができる猫砂」なんですが、少しでも猫砂の散乱やにおいを抑えたいことから、最近は「木」と「鉱物」を使っています。

「木」はやはり軽くて扱いが楽ですね。特にお店で大量に買い込むときは軽いので苦になりません。

「鉱物」は砂に近いので、トトもチーも一番好んでいるようです。鉱物に変えてからチーの粗相がほとんどなくなりました。

トトと喧嘩して負けたり、父さんに怒られた後は、
ストレスからかたまにやらかしますが・・・

 

横たわる猫、猫
横たわる猫、チー

 

【我が家で使っている「木」属性の猫砂】

 【我が家で使っている「鉱物」属性の猫砂】

 

もし、猫のトイレでお困りの方は、一度試してみてください。

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


ペット(猫)ランキング