愛猫トトとチーと父さんの生活

子供も成長し、父さんの相手をしてくれるのが我が家の愛猫トトとチー。3人の生活を日記にまとめていきます

MENU

ノルウェージャンフォレストキャットとソマリとの生活を紹介します ~愛猫トトとチーと父さんの生活紹介~

f:id:cat-cat-48:20211219142429p:plain

はじめまして、管理人のトトとチーの父さんと申します。

長いので「父さん」と呼んでください笑

 

このブログでは、二匹の猫 トトとチーとの生活に関するブログを執筆しています。

うれしい(寂しい?)ことに子供達も成長し、なかなか父さんを相手にしてくれなくなってきました。

そんな父さんの最近のお相手は、愛猫の”トト”と”チー”なんですよ。

この記事では、物語の中心となるトトとチーのご紹介をさせていただきます

 

これから猫を家族に迎えていることを検討されている方、家庭の事情で猫との生活が難しい方、もう猫が好きで好きでしょうがない方などなど、多くの方に呼んでもらえると嬉しいです!!

 

はじめに

新型コロナの影響で、在宅勤務が増えた父さんですが、母さんはこれまで通り出勤、子供たちは学校へ。

居残り組は父さんとトトとチー。

トトとチーを我が家に迎え入れて約10年、こんなにふたりと一緒の時間を過ごすことはこれまでありませんでした笑

一緒にいる時間が長いことでわかることもたくさんありました!

時には笑、時に涙する、そんなトトとチーと父さんの生活の様子を発信させていただきます。

 

長男 トトの紹介(ノルウェージャン フォレストキャット)

まずは我が家の長男猫のトト君を紹介します。

名前:トト(ノルウェージャンフォレストキャット)

年齢:10歳

性別:オス

体重:5キログラム(男の子としてはあまり大きくない方でしょうか)

f:id:cat-cat-48:20200719133051j:plain

庭を冒険するトト

ノルウェージャンフォレストキャットは、一般的に丈夫でたくましく運動好きで、性格は穏やかでムラのない気質を持った猫と言われています。 

我が家のトトも運動神経はあまりよくありませんが、運動好きで、家中を元気に走り回っています。そのせいないのか少々食いしん坊!

性格は穏やかというよりも・・・ちょっと警戒心がたりないかな。

知らない人が来てもホイホイついて行ってしまうところが少々心配です。

f:id:cat-cat-48:20200719133426j:plain

ちょっと乱れています

 

これまで大きな病気もせずに、元気に成長してくれました(ただ、少しお腹が緩いのが心配の種)。

好物はカリカリとチュール

ウエットのご飯よりもカリカリを好んで食べてるようです。

 

次男 チーの紹介(ソマリ)

次に次男猫のチー君を紹介します。

 

名前:チー(ソマリ)

※本当の名前はチークだったんですが、今では家族全員から「チー」と呼ばれています・・・

年齢:9歳

性別:オス

体重:4キログラム

 

ソマリは「ロングヘア・アビシニアン」とも呼ばれ、アビシニアンの長毛種です。

アビシニアンとの違いは毛の長さのみで容姿以外の特徴は同じといわれています。

身体的に特徴としては、細身で筋肉質、いわゆる細マッチョでしょうか。

性格は、温厚で社交的で好奇心旺盛といわれています。割と飼育しやすい猫だと思います。

f:id:cat-cat-48:20200723070235j:plain

次男 チー

我が家のチーは運動神経バツグンな子で、家の中を飛んだり跳ねたり、走り回っています。

トトの行けないような高い場所にも平気で昇っていくので、いじられたくないようなときは、タンスや本棚の上に回避しています。

性格は少し臆病。人間の男性が苦手なようです(ジイジが遊びに来ると必ず2階に退避)。

お腹がすいたり、遊んでほしい時は、「鈴を転がしたような鳴き声」で訴えかけてきます。

あの声を聴くと切なくなり、ほっとけなくなってしまう(可愛いのです)!

f:id:cat-cat-48:20200723072323j:plain

お気に入りの場所

 

好物はトトとは好みが異なり完全なウエット派!

カリカリはあまり好きではないようです。

毎日の事ですからけっこう食費、厳しいですね。

トトとチーはご飯の好みが違うので、結構ご飯の調達が大変です。 

 

本ブログのまとめ記事一覧

本ブログのまとめサイトはご紹介します

各グループごとにまとめサイトを作成しています

もし、気になることがありましたら、こちらのまとめ記事からご覧いただくと必要としている記事を探すことができるかと思います

ぜひ、よろしくお願いいたします

 

あわせて読みたい

 

今日も最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました