愛猫トトとチーと父さんの生活

子供も成長し、父さんの相手をしてくれるのが我が家の愛猫トトとチー。3人の生活を日記にまとめていきます

猫に必要な運動について

スポンサドーリンク

こんにちは、トトとチーの父さんです。

 最近は猫を飼っているおうちは、完全室内飼いをしているおうちが多いのではないでしょうか。

室内飼いは外飼いよりも危険は少なく、飼主としては安心して一緒に生活することができますよね。

しかし、もともと猫というのは活発な動物で、自由気ままに動き回ることを好む動物なんですよね。また、基本的には高いところに登ることも大好きなんです。

 

放し飼い(外飼い)に比べると、室内飼いはどうしても運動不足になったりして、ストレスをためてしまったり、肥満につながってしまうことも多いいんです。肥満は多くの病気の原因になってしまうなど、いいことは何もありません。

 

我が家ではトトとチーを室内で飼っています。やはり、ストレスと運動不足を気にしています。おなじように室内飼いで猫を飼われている飼主さんも、「運動不足」は気にされているのではないでしょうか。

室内で猫と暮らしていく上で、運動不足にさせないためにはどんなことに気をつければよいのでしょうか。

今日はトトとチーの運動についてご紹介いたします。

 

 

猫に必要な運動量は 

猫の種類によって運動量には差があることを皆さんご存じですか?

たくさんの猫を飼ってきたベテラン飼主さんであれば感覚的にわかるのではないでしょうか。

そうなんです、ざっくり分けると短毛種と長毛種では運動量に違いがあるんです。

一般的に猫の必要な運動量は以下と言われています。

  • 短毛種:必要な運動量は1日20~30分
  • 長毛種:必要な運動量は1日10分程度

 

狩猟本能を刺激する猫じゃらし

猫のストレス解消や運動不足の予防に役立つ手っ取り早いアイテムは猫じゃらしですよね。

我が家のトトもチーも大好きです。若い時のように、夢中になって追いかけることは減ってきましたが、それでもはまると狂ったように追っかけます。

 (我が家ではこの状態を「荒ぶる神モード」と呼んでいます)

 

しかし、一口に猫じゃらしといってもバリエーションが豊富なため、どれを選んでよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに我が家のトトとチーは、市販の猫じゃらしよりも、
「ただのひも」が好きなようです。
(なんて安上がりの子なんでしょう・・・)

 

ネズミやトンボがひもの先についているものや、モコモコが先端についたものを与えたのですが、最初は飛びつきましたが、飽きるのが以外と早かったです・・・。

やはり猫それぞれ好みがあるんでしょうね。

愛猫家のSNSやブログでもたくさん紹介されていますので、皆さんの愛猫好みの猫じゃらしを探してみてくださいね。

 

ひもで遊ぶ猫

 

キャットタワーで上下運動

猫の運動不足・ストレス解消として、まず思いつくのがキャットタワーですよね。

我が家でもキャットタワー設置しております。

実は我が家のキャットタワーは3代目です。ちゃんとメンテナンスすれば長持ちすると思うのですが、飼主が「ずぼら」なためボロボロになると買い替えています。

トトとチーは現在7歳(もう、おっさんですね)なのですが、まだまだキャットタワーがお気に入りのようです。

この夏にリニューアルを行いましたので、下記の記事も読んでいただけると嬉しいです。

 

www.cat48.info

 

高い所を自由に行き来できるキャットウォーク

猫の運動不足・ストレス解消として、まず思いつくのがキャットタワーだと思うのですが、床に設置するタイプだとそれなりの場所を割く必要がありますよね。

そのような室内飼いの悩みを解消してくれるのが、キャットウオークなのではないでしょうか。

現在さまざまな種類が販売されていて人気を得ていますし、DIYで手作りしてしまう達人まで存在しています。

実は父さん、DIYでのキャットウォーク作りあこがれていました!!

我が家もDIYにチャレンジしようかと考えたのですが 、

父さんがすっごく不器用なので挫折しました・・・
(恥ずかしい限りです)

 

でも、トトとチーのためにも何とかキャットウォークを導入したかったので、もともと家の天井に梁が利用し、キャットタワーとの合わせ技で何とキャットウォーク導入することができました。

 

キャットウォークと猫

 

今は簡単なキットを壁に設置すれば、キャットウォークを設置できる商品がたくさんありますので、キャットタワーが場所をとって困ると考えている飼主さんはぜひ検討してみてください。

 

 

キャットタワーと猫じゃらし(?)との合わせ技

最後にご紹介する遊びは

『キャットタワーと猫じゃらしとの合わせ技』です。

意外とトトもチーも興奮するんですよね。

キャットタワーの柱の陰から猫じゃらし(我が家ではひもですが・・・)やぬいぐるみをトトやチーの前に出現させて襲わせ(?)ています。

 

ぬいぐるみで遊ぶ猫

 

たぶん、陰からチラチラ見えているものが気になるのでしょうね。

くれぐれも猫が夢中になって高いところから落ちないように、飼主さんが気を付けてあげてくださいね。

ちなみに、壁の陰からでも夢中になって手を出してくるので、キャットタワーを無理に使う必要ないのですが・・・。

 

 最後に

飼育環境にはいろいろと制限があると思います。

しかし、飼主さんの工夫次第で愛猫を楽しませてあげることはできると思います。

毎日たくさんの癒しをもらっている愛猫のために、愛猫のストレス・運動不足解消法の参考にしていただければ幸いです。

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


ペット(猫)ランキング