愛猫トトとチーと父さんの生活

子供も成長し、父さんの相手をしてくれるのが我が家の愛猫トトとチー。3人の生活を日記にまとめていきます

なぜ猫は狭いところを好むのか?

スポンサドーリンク

こんにちは、トトとチーの父さんです。

今日は猫が狭いところを好む習性についてまとめてみました。

 

飼主さんならば一度は家の中に愛猫の姿が見えず、慌てて家中を捜索した経験があるのではないでしょうか?

我が家でも外出間際に、トトとチーが見当たらず、「ベランダに締め出してしまったのかも」、「外に脱走してしまったのでは」と、慌てて家の隅々を探索した経験が何度もあります。

そんなときは、戸棚や押入れの奥などの狭くて窮屈そうな場所でのんきに寝ていることがほとんどなのでないでしょうか。

 

押入に隠れる猫、トト

また、通販で商品が届いたとき、飼主以上に目をキラキラさせて、段ボールに集まる猫ちゃんもたくさんいるのではないでしょうか。

段ボールから商品を取り出した途端、すでに箱の中でゆったりなんて猫ちゃんもたくさんいますよね。

うちの猫はまさにそのタイプです!

 

では、なぜ猫はわざわざ狭いところを好むのでしょうか?

 

 

 

ストレスなく安心できる場所

猫が狭いところを好むのは、猫の祖先である「リビアヤマネコ」の習性が残っているからだといわれています。

もともと砂漠に生息していた猫は、外敵から身を守るため、狭く暗いところを寝床にしていたそうです。

猫は1日のうち、寝て過ごすことがとても多いので、狭い所に身を隠していた方が安心できますし、広い所にいるよりも狭い所の方がストレスなく、快適に過ごせるのです。

また、猫は犬のように群れを成さず、単独で行動する生き物ですので、パーソナルスペースを持ちたがります。

猫が狭いところに入りたがる時は、一人になりたい時なのかもしれません。

 

狭いところで寝る猫、チー

スナイパーとしての本能

野生の猫は隠れて獲物を見つけ奇襲するタイプの狩りを得意としています。

獲物に気付かれないように狭くて暗い場所でじっと身を潜め、獲物が通りかかるのを待ち、獲物を捕らえるような狩りを行っていました。

また、狭くて暗いところには昆虫・ネズミ・イタチといった小動物の獲物が隠れていて、猫の狩猟本能をかきたてられるという説もあります。

小さな動物がもぐり込めそうな穴を見つけると、ついつい入りたくなってしまうのかもしれません。

 

箱に入る猫、チー

好奇心からの行動

猫はとても好奇心旺盛な生き物です。
入れるか入れないかといった微妙なサイズの入り口を見つけると、そこに入ろうと試みます。はいれるかどうかの判断はひげの幅で確認しています。

ですからひげの幅より広いと判断すれば、人間から見て「そこは無理でしょ!」と思うような狭い場所にも果敢にチャレンジするのです。

また、猫には鎖骨がないため頭が通れば、どんな狭いところにも入り込めるようですよ。

 

段ボールに入る猫、トト

 

最後に

猫が狭い所に入りたがるのは本能に起因しているようです。

猫が約1万年前から人間との生活を共にしてきたといわれています。
これだけ長い時間をたっても、猫には野生の本能が色濃く残っているんですね。

狭い所や小さい器に無理やり入り込もうとする猫の姿は、いつ見ても可愛いですよね。

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


ペット(猫)ランキング