愛猫トトとチーと父さんの生活

子供も成長し、父さんの相手をしてくれるのが我が家の愛猫トトとチー。3人の生活を日記にまとめていきます

家猫に猫草って必要なの? ~ その効果と必要性について ~

スポンサドーリンク

こんにちは、トトとチーの父さんです。
今日は「猫草」の必要性と効果についてのお話です。 

猫の飼主さんなら一度は「猫草」のことは聞いたことがあるのではないでしょうか。
ペットショップやホームセンターでも、最近よく見かけますよね。
毛玉を排出するために必要、便秘解消に効果がある等、色々と言われていますが、実際その効果はどうなのでしょうか?
食べない猫もたくさんいると聞いていますので、その効果と必要性について調べてみました。

 

 猫草とは?

実は「猫草」という名称の植物は存在せず、猫が好んで食べる草(植物)の総称なんです。「猫草」と言われている植物は、概ね以下と言われています。

  • 燕麦(エンバク):猫草として最もオーソドックスな種類です。オートムギやオーツ麦とも呼ばれています
  •  大麦・小麦:燕麦の次に人気がある猫草です。値段は他の猫草よりも少し高めです。
  • 狗尾草(エノコログサ):「猫じゃらし」とよく呼ばれていますよね。若葉の部分を食べることが可能。トトは庭出ると狗尾草(エノコログサ)を好んで食べています(庭に生えている雑草です)。

猫草に群がる猫、トトとチー

 

猫が「猫草」を食べる理由とは?

 

毛玉を吐き出す効果

猫草の特徴としてよく言われるのが葉先がとがっていること。
これが猫の胃壁を刺激して嘔吐を促しているといわれています。
猫は毛づくろいで飲み込んだ毛を吐き出す必要があるので、猫は好んで「猫草」を食べると考えられています。

 

便秘予防に効果

猫は肉食動物なので便秘になりがちだといわれています。
「猫草」は植物繊維が豊富なので、便秘予防に効果があると考えられています。
我が家のトトとチーは便秘には縁がないため、実際の効果は?ですが、実際はどうなのでしょう?
「猫草」を好んで食べているので便秘になっていないのか、猫草に便秘予防の効果がないのか、我が家の猫さんからはちょっとわからないですね・・・(ごめんなさい)。
ただ、人間でも野菜をとらないと便秘になるとよくいわれるので、あながち間違ってはいないのではないでしょうか。

  

ビタミン摂取

「猫草」にはビタミンが豊富に含まれており、猫はビタミン等の必要な栄養補給のために好んで食べているとも言われています。
今の飼猫はキャットフードで十分必要な栄養素をバランスよく摂取できるので、この理由で猫草を与える必要はないと思います。
もし、「猫草」を好んで食べる理由が、ビタミン等の必要な栄養素の摂取ならば、それは野生で生活していた時に身に付けた本能的なものなのかもしれませんね。

 

単に「猫草」が好き

猫にとっての嗜好品だからともいわれています。
人間にとってのコーヒーやおやつのようなもので、味が好き、食感が好き、においが好き等の理由で好んで食べているのではとも言われています。
猫にとっても楽しみであり、ストレス発散になっているのかもしれません。
これは猫にしかわかりませんね。 

猫草を食べる猫、トトとチー

 

結局猫草は必要なの?

所説いろいろと言われていますが、現代の飼猫には必ずしも必要なものではないようです。
上述していますが、猫は「猫草」を食べて胃を刺激し、毛づくろいのときに飲み込んだ毛玉を吐き出すといわれていますが、猫草を食べて毛玉を吐く子もいれば、吐かない子もいるようです。
我が家では、トトもチーも「猫草」が大好きなので定期的に与えていますが・・・。
いわゆる父さんのお酒、母さんのスイーツみたいなものとして考えています! 

 

 

にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ
にほんブログ村


ノルウェージャンフォレストキャットランキング